運動する男性

自毛植毛の魅力について

多くの人が体についての悩みを抱えていらっしゃると思われます。男性のみならず、女性においても薄毛になってしまうと深刻な悩みとなってしまいます。薄毛を隠す方法としては帽子を被る事位しか出来ない為、ビジネスの場においては難しい事となります。そんな薄毛の改善方法として育毛や増毛がありますが、長い期間が掛かってしまうという難点もあり多くの方はカツラの装着を行っていらっしゃると思われます。
しかし薄毛の改善方法として、近年は「自毛植毛」があり薄毛の悩みを抱えている方の味方となっています。自毛植毛は医療技術の進歩によってより安全性が高まっている事で、高い人気となっています。そんな自毛植毛の魅力をご紹介します。・どんな事があってもズレたりしない事自毛植毛は毛髪量が多い箇所から採取して植え付ける方法となっています。
その為、毛根からしっかりと根付いている事でお風呂は勿論、激しい運動を行っても抜けたりズレたりする事がありません。しかしカツラ等を使用している方は、体を動かしたりする際にはカツラがズレたり外れたりしないのかに気が集中してしまい、満足に楽しむ事が出来なくなってしまいます。自毛植毛を行う事で、髪を気に掛ける事なく充実した日常生活を楽しむ事が出来るのです。

自毛植毛を行う際の注意点

薄毛に関しての悩みを抱ている方は非常に多いと思われます。薄毛は男性は勿論、女性にとっても大きな悩みとなってしまいます。そんな薄毛をどうにかして隠そうと残っている髪を丁寧にセットしたり、カツラを使用している方も非常に多いハズです。薄毛対策として多くの方が植毛の施術を受けた経験があると思われます。
育毛や増毛とは異なり、施術するとすぐに薄かった箇所にボリュームがある事で薄さを気に掛ける事がなくあらゆる事を楽しむ事が出来ます。そんな植毛の中でも「自毛植毛」が高い人気となっています。自身の毛髪を使用する事で不自然さを感じさせず、さらに拒否反応さえも無い事で安全面の高さが注目されています。でも自毛植毛の施術には注意点もあります。それは保健が適用となっていない事です。
自毛植毛の施術は保健適用外となっている事で、施術費用は高額となってしまいます。その為、広範囲に渡り薄くその箇所を施術したいとなるとカナリの金額となってしまうのです。安全性の高さやナチュラル感を出す事が出来るとして人気となっていても、高額の施術費用が払えなければ受ける事も困難となってしまいます。自身の薄毛の状態で満足出来るボリュームにするとどれ位の費用が掛かるのかを把握する事が大切です。

自毛植毛はどのように行われる?

植毛には人工植毛と自毛植毛の二種類がありますが、定着率やその後のメンテナンスの容易さから自毛植毛を選択する方が多いと言われています。けれども、自毛植毛は人工植毛よりも手術が大掛かりになると耳にしたことはないでしょうか。実際に、自毛植毛がどのように行われるのかというのは不透明な部分も多く、不安もあるはずです。ここではそんな自毛植毛はどのように行われるのかについて詳しく見ていきます。
自毛植毛の手術法は大きく分けて2つあり、一つは頭皮の毛根を一つ一つ採取して移植するFUE法を、頭皮ごと一部分を採取し、広範囲で移植していくFUT法があります。どちらが良いのかというのは一長一短な面もあり、一概には言えません。まずはこれらについて一つずつ見ていきましょう。FUE法は毛根を一つ一つ分けて採取し、移植する方法ですが、この方法のメリットは手術痕が残りにくいところです。
植毛したようには見えないような術後が魅力的と言われています。けれども定着率が70%程度と、比較的良くありません。FUT法は広範囲に移植する方法ですが、FUE法に対して手術痕が残りやすいと言われています。しかし、定着率は非常に良好で、最大のメリットでしょう。自毛植毛は一般的に、上記の2つのうちどちらかの方法で行われます。確かに人工植毛よりは大変かもしれませんが、FUE法ならば術後の負担もあまりなく、それほど変わらずに行えるかもしれません。


少ない髪の毛が原因でコンプレックスを感じているという方は、自毛植毛をしてみましょう。自毛植毛をすると、まさに自然なかたちで髪の毛を増やすことができます。薄毛にお悩みの方にとっては最高のものだと思いますので、コンプレックスを解消したいと思っているならぜひ自毛植毛をお試しください。

Topics

  • 自毛植毛を受ける前に知っておくべき注意点

    薄毛に悩んでいる男性は、とても多いと思います。自毛植毛は、そんな方にお勧めの治療法ですですが、自毛植毛を受ける時に、考えておかなければならない注意点もあります。まずは、自毛植毛のデメリットについて、知っておきましょう。髪の毛が少なすぎる…

    MORE

TOP